2017年3月17日金曜日

芥川山城(大阪府高槻市大字原)

芥川山城(あくたがわさんじょう)

●所在地 大阪府高槻市大字原城山(三好山) 
●高さ 180m(比高70m)
●築城期 永正12年(1515)
●築城者 能勢頼則(細川高国)
●城主 能勢氏、細川晴元、三好長慶、和田惟政、高山友照等
●廃城年 元亀4年(1573)
●遺構 郭、堀切、竪堀等
●備考 三好山
●登城日 2015年6月7日

◆解説(参考文献 『日本の山城 100名城』洋泉社発行、HP『城郭放浪記』、高槻市HP等)

 芥川山城は旧摂津国にあって、淀川に注ぐ支流芥川の河口から凡そ9キロほど遡った三好山に築かれた山城である。
 三好山の西から北にかけて芥川が囲むように流れ、特に西側は摂津峡という切り立つ溪谷があり、天然の要害を持つ場所である。
【写真左】芥川山城遠望
 登城途中に東麓から見たもの。
当方から見ると、なだらかな山にみえるが、西側には摂津峡があり、急峻となっている。



当城については、地元高槻市のHPに次のように紹介されている。

“芥川山城
 夫婦岩・八丈畳などと称される奇岩や断崖が続く摂津峡は、摂津の耶馬溪ともいわれ、大阪府の名勝にも指定されている景勝地。そのすぐ東側の三好山に天然の要害をもつ芥川山城跡があります。三方を芥川に囲まれ、残る一方は断崖となっており、山そのものが難攻不落の砦となっています。

 ここは、三島平野、遠くは生駒山系を臨み、眼下には、西国街道や芥川宿を見通すことができる位置にあり、かつ、亀岡へと続く間道がありました。また、芥川を下ると水上交通の要、淀川に至る立地など、政治上・戦略上において重要な場所でもありました。
芥川山城の遺構は主郭・副郭・土塁・堀切という中世山城の要素を備えており、その様子が今も残っています。
【写真左】登城口
 この辺りは道が狭く、駐車スペースもほとんどないため苦労した。確実なのは南麓にある摂津峡公園の駐車場に停めていくのがいいだろう。
 因みにここから「三好山へ40分 (三好長慶 1553年入城) 三好芥川城の会」という看板が設置されている。



   芥川山城は、永正13年(1516)連歌師柴屋軒宗長が芥川の能勢因幡守頼則の築いた新城に祝いの気持ちを込めてつくった冒頭の句から、この時期に完成したものと考えられています。

 天文2年(1533)には、細川晴元が入城し、京に移った後、芥川氏が入り、幾度かの城主の入れ替わりののち、天文16年(1547)三好長慶(ながよし)が城を支配。家臣、芥川孫十郎が城主となります。
 天文22年(1553)長慶は入京を果たしました。しかし、孫十郎が謀反したため、三好山に隣接する帯仕山に陣を構え、開城させて、孫十郎を阿波へ追放して長慶が入りました。
【写真左】本丸まで25分の位置
 芥川山城は①東方曲輪群、②出丸曲輪群、③主郭曲輪群で構成されている。
 写真はそのうち、最初に見えてくる①東方曲輪群で、このあたりから中小の郭群が確認できる。


 以後、7年間、長慶は山城に在城し、その間、真上・郡家の水争いや、芥川流域の灌漑用水を整備するなど、領地支配にも力を注いだほか、著名な歌人らを招いて連歌の宴を催すなど、文芸を愛した様子もうかがえます。この頃がこの山城の最も華やかで生き生きとした時代であったといえるでしょう。
 永禄3年(1560)長慶は、飯盛城(四條畷市)に移り、息子義興が城主となりますが、永禄6年(1563)22歳の若さで没します。讃岐石の墓石が建つその墓は、霊松寺(天神町二丁目)にあって「三好のカンカン石」とよばれています。
【写真左】石垣・その1
 これも①の東曲輪群で、孟宗竹が繁茂しているが、石垣が残る。







 その後、永禄11年(1568)織田信長の側近、和田惟政(これまさ)が入城、翌年惟政は高槻城も与えられ、2城の主となりました。惟政自身は高槻城へ入り、家臣の高山飛騨守が城主として芥川山城に入ります。以後、政治の拠点はしだいに高槻城へと移っていきます。

 多くの武将が入城し、単に北摂の一山城であるということに留まらず、時に最高権力者の拠るところとなり、一時は近畿一円を勢力下とした芥川山城。 やがて、高槻城の発展とともに、歴史の表舞台から姿を消していきました。” 
【写真左】石垣・その2
 前記のものと同じく石積が施されている。おそらくこの郭にも建物があったのだろう。


 




 
三好長慶

 芥川山城の城主は上掲したように、目まぐるしく変わっていくが、その中でも三好長慶が深くかかわっている。彼については、これまで勝瑞館(徳島県板野郡藍住町勝瑞東勝地)の稿などで述べてきているが、長慶も含めた三好一族がもっとも活躍していった地域は芥川山城を含めた畿内であった。
【写真左】上ノ口と三好山方面との分岐点
 東方曲輪群の西端部だったと記憶しているが、この位置で北に向かう道(上ノ口)と分岐する。

 なお、写真の平坦部も郭と思われる。



 因みに、長慶が畿内で活躍した際、関わった城砦としては、時系列で列記すると次のようになる。
  • 天文8年(1539)   ~  越水城(西宮市)
  • 天文22年(1553) ~  芥川山城(高槻市)
  • 永禄3年(1560)   ~  河内・飯盛山城(四条畷市)
勝瑞館の稿でも少し述べているが、長慶が畿内をほぼ手中に収めていた時期は、この芥川山城時代である。彼はこの時期、本来ならば在京して、将軍を補佐するいわゆる管領職になってもおかしくないが、このころ京都は極めて不安定な政情であったため、あえて主君であった細川氏のような在京志向を持たず、なおかつ自ら管領職を望まず、むしろ京から少し距離をおいた摂津の山中に居城を営み、いわば政庁機能を当城に置き、政務を執り行ったとされている。
【写真左】土塁
 ①の東曲輪群を過ぎて少し西進すると②の出丸曲輪群に至る。

 このエリアは、①東曲輪群と③主郭曲輪群の間に介在するところで、中心部に出丸を設け、そこから南に凡そ50m程降った尾根筋に曲輪群を配置している。
 当時はこの出丸側の西方に大手道が設けられていた。


 室町幕府の体制が次第に瓦解し、代わって専制体制をとりつつあった細川氏の下にあって、幕政を支えていく立場であった長慶である。しかし、管領職の細川氏自体が将軍家と同じく一族内において対立が深まっていった。
 こうしたことから、在京することはむしろリスクが高まると予想したのだろう。芥川山城にこだわった長慶の思惑がみてとれる。
【写真左】虎口
 出丸の西隣にある土塁上に設けられているもので、ここを下りると先ほどの大手道に繋がる。




【写真左】主郭曲輪群に向かう。
 出丸曲輪群を過ぎると、5m前後の切崖を構えて低くなるが、そこから西に向かう道が付けられている。また、途中には土橋が介在している。

 この写真では左側(南)に大手道があったものと思われる。
【写真左】堀切
 しばらく歩いていくと堀切が見える。
 写真では高低差が感じられないが、出丸曲輪群と主郭曲輪群の境にあたることから設けられたものと思われる。
【写真左】石碑
 このあたりから主郭曲輪群の区域に入っているが、中小の細長い郭が繋がり、両端部の切崖も傾斜が険しくなっていく。

 写真は「史蹟 城山城跡」と筆耕された石碑。
【写真左】主郭曲輪群を見上げる。
 このあたりから中心部に当たる主郭を取り巻く郭段が西側上方に見え始める。
【写真左】主郭曲輪群
 次第に登り坂となり、左右に郭段が見え始める。右側の坂を進む。
【写真左】高槻市街地を望む。
 登城途中は殆ど孟宗竹などに覆われ、城下の町並みは見ることは出来ないが、主郭南側のこの位置に来ると、木立の間から南に高槻の市街地が視界に入る。
【写真左】主郭南直下の郭付近
 登城したこの日、この付近だけは伐採作業されていたため、明るくなっていた。

 写真中央の坂を上ると主郭に繋がる。
【写真左】主郭に向かう。
 主郭の手前には南北に長い2段の郭が控え、その入り口には虎口のような遺構が見える。
【写真左】やっと主郭が見えてきた。
 手前の郭段の右側に道があり、この道を北に向かうと主郭に繋がる。
【写真左】主郭へ向かう。
 南端部に登り口があり、そこから向かう。
【写真左】主郭南端部
 登りきると、予想以上の広さの郭となっている。
 写真は南側を見たもの。
【写真左】主郭・その1
 主郭の手前の郭から凡そ1m程度高くなった段が中央部の郭で、幅20m×奥行50m前後の規模。
【写真左】帯郭
 主郭の西側下には南側から回り込んで帯郭が付随している。現在その箇所には果樹が植えてある。
 右奥の山には摂津峡公園がある。
【写真左】祠「水の神」
 長慶は芥川山城にあったとき、地元芥川にかかわる水利権問題を適切に処理していた(「裁許状」)ことから、後に彼を「水の神」として祀ったとしている。

 戦国時代といえば、武士による戦さのみが強調されがちだが、室町期から戦国初期にかけて、地元の領主たちは食糧確保のため、積極的に水の管理をしていた。特に、新たに堰を設ける際、どの位置に設定し、どのように配水していくか、地元名主たちの意見を聞き入れながら、管理運営していた。
【写真左】本丸中央部の石碑
 現在は草木で埋もれているが、近年発掘調査が行われた際、多くの礎石建物跡が発見されている。

 往時、京都の公家や僧侶が度々当城に赴き、歓待を受け宿泊もしたというから、主だった郭には相当数の建物があったと思われる。
 特に初期の細川高国のころは、彼の趣味であった庭園なども造成されていたのかもしれない。
【写真左】主郭北東部の郭
 主郭の東面から北西に伸びる尾根筋上にもかなり大きな郭が配置されているが、これらの郭は主郭から5~10m程度の高低差を持つ。
【写真左】芥川山城から南方を俯瞰する。
 本丸跡から南を見ると、生駒山系から北東に延びる稜線が見える。

 手前の雑木などがないと、長慶が後に移ることになる河内・飯盛山城が見えると思われる。

2017年3月9日木曜日

美作・河原山城(岡山県津山市市場)

美作・河原山城(みまさか・かわはらやまじょう)

●所在地 岡山県津山市市場
●指定 津山市指定史跡
●築城期 不明
●築城者 広戸氏
●形態 平城(居館)
●高さ 標高263m(比高10m)
●遺構 郭・空堀等
●備考 本丸城・国司尾館
●登城日 2015年6月1日

◆解説(参考資料 HP 『城郭放浪記』、『日本城郭体系』等)
 河原山城は、美作と因幡をつなぐ因幡街道の北方にあって、大別当城(岡山県勝田郡奈義町高円)の城主・有元満佐の次男佐友が広戸氏を名乗り、居館を本丸城とし、詰城を矢櫃山城とした。その際、支城として築城されたと思われるのが、この河原山城である。

 因みに、河原城の南に既述した本丸城があり、東には国司尾館などがあり、おそらく当時はこれら三城は一体の城郭としてあったものだろう(HP『城郭放浪記』参照)。
【写真左】河原山城遠望
 北側からみたもので、左側は国司尾館。
【写真左】墓地
 当城には案内板のようなものはいっさいない。

 このため、登城口を探していた所、南側に墓地が見えたので、ここから向かった。
【写真左】慰霊塔か
 筆耕された文字が少し劣化しているため、判読が困難だが、「大各霊政◇塔」という文字が確認できる。
【写真左】五輪塔
 他の墓石に混じって五輪塔が一基祀られている。
【写真左】このあたりから登城する。
 道らしきものがなかったため、歩きやすいこのあたりから上に向かう。
【写真左】空堀・その1
 登り始めた途端、西側に見えたもので、深さは1m前後。

 このまま、空堀を奥に進む。
【写真左】空堀・その2
 奥に従って、明瞭になってきた。
【写真左】腰郭か
 更に進むと、次第に左側の土塁状の高まりは無くなり、腰郭のような状況となっている。
【写真左】北側に回り込む。
 熊笹などに覆われてはっきりしないが、堀切のようにも見える。
 このような状況なので、この中まで踏み込むのは断念した。
【写真左】南東麓
 再び南側に降りて、東側を撮ったもの。奥に見えるのが、国司尾館だが、この日は時間もあまりなく、向かうのを断念した。

 このあと、本城側北端に少し向かう。
【写真左】墓地
 本城側の城域に入っていると思われるが、ここにも小規模な墓地がある。

 墓石の中で、「塘院…」とか「臨院…」などという戒名が筆耕されたものが点在している。菅氏との繋がりがあるのかもしれない。
【写真左】南側から遠望する。
【写真左】北側から遠望する。

2017年3月7日火曜日

手城山城(広島県福山市手城町字古城)

手城山城(てしろやまじょう)

●所在地 広島県福山市手城町字古城
●別名 天神山城、手嶋の城
●築城期 室町時代か
●築城者 不明
●城主 小早川氏一族・渡辺越中守兼・茂野左近盛久・倉田孫次郎・藤井大郎左衛門等
●形態 平城(水軍城)
●遺構 郭・土塁等
●備考 天當神社
●登城日 2015年5月25日

◆解説(参考文献『日本城郭体系第13巻』等)
 手城山城は福山市の南端部にあって、福山湾湖岸に築かれた海城といわれている。かつてこの手城山があった場所は海に浮かぶ小島で、その東方は引野町と呼ばれる丘陵地があるが、その間には瀬戸があったものと思われる。
【写真左】手城山城跡に建つ天當神社
 下段に示すように、近年(平成)になって、天當神社三百年記念に併せ境内社殿などの大改修が図られ、遺構部も大分消滅しているようだが、本殿が祀られた箇所が主郭だったと思われる。
【写真左】手城山要図
 現地に設置されていた「急傾斜地崩壊危険区域」図を基に、管理人によって描写したもので、手城山城の頂部にある「荒神社」及び「天當神社」の境内区域が城域となる。

 なお、南側(下方)が急傾斜地となっていることから、当時の船溜まりは裏側(上方)付近だったと推測される。


天當神社

 現在当地には天當神社が祀られている。

現地の碑文より

“天當神社三百年祭記念碑

 福山・手城山天當大明神は、元禄7年(1694)水野藩の発起により建立され、以来、たび重なる旱魃や洪水に見舞われる田畑の守護神として尊敬され、氏子は幾世代にわたって、五穀豊穣を祈願してきた。
 一方では、景勝の瀬戸内海を一望できる地の利を生かし、福山港における要塞としても、地域の安寧と発展を見守り続けてきた由緒正しき神社として鎮座され、三百年余を経て現在に至る。

【写真左】鳥居
 西側から参道が繋がり、東に向かうようなっている。なお、これとは別に北側にも2か所階段を登って向かう道が設置されている。




 昭和から平成の時代となり、地域はかつての黄金の波打つ穀倉地帯から、近代的な工業地帯・振興住宅地と変貌を遂げ、往時の面影を残す所は、この天當神社一帯のみとなってきた。

 時代の流れは変わるとも、地域に根ざした氏子の願いは変わらず、未来繁栄に向けての心のよりどころとして、本神社に対する崇拝信仰は絶えるものではなく、その節目として、その長き歴史にわたる御加護に感謝の意を表して、盛大に三百年祭を執り行うこととなった。

 時は平成4年4月29日、総代並びに氏子一同参集の下、神官の祝詞奏上に始まり、宮司の打ち鳴らす太鼓の音が天當山にこだまする中、厳かに式は進行し、玉串奏上をもって三百年祭は無事滞りなく終了した。本祭礼の開催を長く後世に残すため、ここに三百年祭記念碑を建立する。
【写真左】岩塊
 鳥居をくぐり坂道を登っていくと、途中で岩塊が露出している箇所が見える。
 この斜面は急峻な自然地形のもので、切崖としての効果があったのかもしれない。




 附記するに、境内社殿の改築、参道の拡充及び大鳥居の建設等、神社の改修も昭和52年に完成し、海と手城の町並みを一望できる憩いの場としても市民に利用される貴重な空間が整備された。 

 一方、地域の水の要所として、周辺の水害を未然に防ぐ手城排水機場もすでに供用され、さらに手城川の全面的な改修について、東樋門の設置等をはじめとして広島県により、総額約120億円にもおよぶ事業費を投入する大工事が平成3年に着工され、同14年の完成に向けて、現在、着々と進捗しているところとなっている。 

【写真左】土塁
 『城郭体系』に「岩盤を削りだした土塁云々」という記述があるが、おそらくこのことだろう。
 城(島)全体が岩の塊であったことから、多くの石工たちが築城に従事したのだろう。




 最後に、百年の大計を立てて天當神社の安泰と、今日まで天當神社を守り続けてこられた関係各位ならびに先人・役員・氏子一同に対し、敬意を表すとともに、将来の増々の御多幸と郷土の繁栄を祈念し、あわせて平成の河川大改修を記し、ここに記念碑を建立する。

  平成8年5月吉日

    第11代福山市長  三好 章 撰書”

【写真左】岩にへばりつく古木
 草木も生えぬような岩盤なのだが、ときどきこうした景観をみることがある。
 何という樹木か分からないが、すごい生命力である。なお、この下はほぼ垂直な斜面になっている。


概要歴史

 長径(南西~北東方向)150m×短径(南東~北西方向)90mという規模を持つもので、頂部には4つの郭が配され、南北に平坦部をもっている。現在その頂部には天當神社が建ち、周辺部は公園となっている。

 当城の築城期については確定したものがないが、天文年間と天正年間に諸族が在城していたことが知られている。
 天文年間(1532~55)、大内氏が神辺城(広島県福山市神辺町大字川北)攻撃をした際、小早川氏の一族が周辺部に城を築いて対応していたことが記録にあり、特に沼隈半島を本拠としていた渡辺越中守兼(一乗山城(広島県福山市熊野町上山田・黒木谷)参照)が在陣していたという。

 下って天正年間(1573~92)には、茂野左近盛久・倉田孫次郎・藤井太郎左衛門などが在城していたことが『備後古城記』に記されている。
【写真左】境内側から南を俯瞰する。
 登っていくと、直ぐに右手に福山港が見える。
手前の建物は、神戸税関福山税関支署・広島検疫所福山出張所・第六管区海上保安本部尾道海上保安部福山海上保安署などの建物。

 当時はこれらの建物や、周辺部の埋め立て地などはなく、特に西方にある芦田川河口に直接船で往来できたことから、神辺城以外の周辺部諸城なども、この海城である手城山城に度々停泊していたのではないかと考えられる。
【写真左】南斜面
 冒頭の要図で紹介した「急傾斜地崩壊危険区域」に当たる個所で、殆ど垂直である。
【写真左】海抜15mの表示
 主郭を含む境内の最高所で、海抜15m程になるが、建物などがなければかなり視界が開けるだろう。
【写真左】境内
 主郭付近で、当時4から5ヵ所の郭で構成されていたというが、現在は削平されてほぼ一画にまとめられている。
 奥に見えるのが荒神社。
【写真左】天當社社殿
 東側に建立されている。

 このあと、下に降りて周囲を散策する。
【写真左】南麓から見上げる。
 南麓部はほとんど海上保安本部関連の施設となっている。
 中央に天當社の屋根が少し見える。
【写真左】西側の斜面
 この辺りも岩肌が露出している。
【写真左】西側の樋門
 手城山を挟んで西側と東側にも樋門が設置されている。
【写真左】西方を遠望する。
 奥に見えるのは入江大橋で、左側に向かうと、福山港や瀬戸内海に繋がる。